アクセス

学校より

『新しいことに挑戦する気持ちを大切に』(校長だより)

投稿日2022/3/19

 先日、第69回卒業式を行い、6年生が本校を卒業していきました。卒業式当日はとても暖かく、太陽の光がさんさんと降りそそぐ校庭で、記念写真を撮影しました。式後、友だちや先生方と名残を惜しみながら記念撮影する子どもたちの笑顔は輝いていて、私も大変嬉しく思いました。そして、この子たちの、これからの人生に幸あれと、祈りました。
 卒業式では、「好きなことを見つけ、夢を持とう」と、次のような話をしました。

 例えば、夜空を見て、星がきれいだなと思い、星を見るのが好きになったとします。星座を調べたり、星の名前を覚えたりするうちに、望遠鏡でもっとよく観察したくなるかもしれません。また、観察するだけでなく、星の写真を撮りたくなるかもしれません。星だけでなく、太陽や月、宇宙について詳しく知りたくなって、本をたくさん読むこともあるでしょう。そして、星や宇宙の事を調べていくうちに、この大学で、この先生に教わりたい、という目標ができるかもしれません。さらに、将来は宇宙へ行ってみたい、という夢が膨らむかもしれません。好きなことを持っている人は、好きなことからやりたいことが明確になり、その夢を達成するために、自発的に努力ができます。 
 すでに、夢と目標をしっかりと持っている人は、それに向かって日々努力を重ねていってください。今はまだ、という人は、まず、身近なところから好きなことをたくさん見つけることをお勧めします。感染予防対策で制限されることが多い時期ですが、明るく前向きな気持ちで好きなことを楽しみ、いろいろなことに挑戦していってください。

 今、世の中は変化の大きい時代です。様々なことが、次々と新しくなっていきます。このようなときこそ、基礎学力と知的好奇心がますます重要になっていくでしょう。卒業生だけでなく在校生も、身のまわりの様々なことに興味を持ち、おもしろそう、楽しそう、と好きになることから始め、少しずつ、他の人とは違う、自分だけの個性を磨いていってほしいと思います。 
 3月18日、卒業式に続き令和3年度修了式も終えました。4月からは、皆一つずつ上の学年になります。春休みの生活を楽しみつつ、新学年に向け準備をしてほしいと思います。
 こうして、子どもたちが、無事に今年度を終えることができるのは、保護者の皆さまのご協力と見守りがあったからこそです。心より感謝申し上げます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。