校長便り

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

大臣室の生け花

投稿日2015/6/26

 5月28日付の校長便りで校長室の生け花について紹介しました。すでにそのときから、この生け花を文部科学省の大臣室に飾ることはできないか考えていました。現文部科学大臣は元淑徳小学校の保護者です。今回、同窓会長のお取り計らいによってそれが実現しました。
 昨日(6月25日)、生け花クラブの部員と引率職員、同窓会長で文部科学大臣を表敬訪問し、大臣室にお花を飾らせていただきました。大臣から、お礼の言葉とともに、日本の生け花の素晴らしさについて、東京オリンピック・パラリンピック成功に向けて、英語教育の大切さについてなどのお話を伺うことができました。大臣は最後に、「あなたたちには素晴らしい未来が待っている。その未来を創るのはあなたたち自身だ。」と結ばれました。
 今回、「生け花」を通して、学校では学べない生きた学習の機会を得ることができました。その実現に向けてご尽力くださった多くの関係の皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。