2年に一度の音楽鑑賞会が2月24日(金)に開催されました。
今回は吉澤実リコーダーカルテット「ラ・ストラーダ」の皆さんをお迎えしました。

吉澤実先生はNHK「ふえはうたう」の講師として有名です。

リコーダーカルテットではルネサンス時代をスタートにバロック,古典,映画音楽(ジブリ・ディズニー)
児童合唱曲にいたるまでバラエティーに富んだプログラムでした。

 
リコーダーにも沢山の種類があります。
小学校で勉強する「ソプラノリコーダー」
中学校で勉強する「アルトリコーダー」
もう一回り大きな「テノールリコーダー」
吹き口が変わっている「バスリコーダー」

 

2曲目ではさらに大きな「グレートバスリコーダー」「コントラバスリコーダー」が登場しました。

身体の奥に響くような低い音色でした。

 

パッヘルベルの『カノン』では本校教諭もヴィオラで共演しました。
 

 

モーツァルトの『夜の女王のアリア』では高音の音色を
小さな「ソプラニーノリコーダー」で演奏しました。
 
リコーダーの他にも色々な笛の音色を紹介して下さいました。

モーツァルトの『おいらは鳥さし』で登場する「パンパイプ」。
ギリシャ神話の牧神「パン」が吹いていたといわれる楽器とのお話と音を聞きました。

指一本くらいしかない大きさの「バードフラジョレット」は,
小鳥に鳴き真似(ドレミ)を教えるときに使われたそうです。
110803_1050  
日本の篠笛(しのぶえ)や石笛(いわぶえ)など色々な響き,形の笛を知りました。

最後に『赤いやねの家』『淑徳小学校校歌』を児童たちも歌声で共演しました。

感謝の花束のお返しにアンコールで『ピタゴラスイッチ』を演奏して下さいました。

児童の笑顔も花開いていました。

親しみのある楽器(リコーダー)による超一流の演奏に,

児童は刺激を受ける音楽鑑賞会となりました。

プログラム(高学年)
133238-1 133238-2

 

 

開会ファンファーレ『名探偵コナン・メインテーマ』ブラスバンドクラブ
 
 
オープニング演奏『桜ノ雨』聖歌隊